芭蕉の句碑

『奥の細道』北 陸


薬欄にいづれの花をくさ枕

上越市五智に五智国分寺がある。


国分寺山門


山門を入ると、左手に芭蕉の句碑があった。


薬欄にいづれの花をくさ枕

出典は『俳諧書留』

松尾芭蕉「奥の細道紀行300年」記念事業 上越市

芭蕉句碑

薬欄にいづれの花をくさ枕

 「薬園の草が秋で美しいが、どれを枕としてここに旅寝をしようかと、主人への挨拶をこめて詠んだもの。」と解される。

 元禄2年(1689年)7月8日(旧暦)、高田の医師細川春庵を訪れた時の作句である。春庵は薬草を栽培し、庭は泉水その他美しい庭だったと言われている。

 松尾芭蕉は、正保元年(1644年)伊賀上野に生まれ、俳句の道を志し、20歳の頃に初めて俳書に掲載された。寛文12年(1672年)江戸へ出て創作活動を続け、元禄2年3月末、弟子の曽良を伴い奥の細道の旅に出ている。

 芭蕉は、旧暦7月2日新潟、3日弥彦、4日出雲崎、5日鉢崎(現柏崎市)を経て、6日に今町(直江津)を訪れ、翌7日も滞在し、8日から10日まで高田で過ごしたようである。

 この句碑は、明和7年(1770年)に建てられたものである。

 寛政3年(1791年)5月2日、鶴田卓池は五智国分寺を訪れ、芭蕉の句碑を見ている。

二り五智竹ノ内国分寺天台宗也本堂十四間

大日如来 薬師如来 弥陀如来 釈迦如来 宝生如来

是ヲ五智ノ如来ト云

   山内ニ翁ノ碑有

   薬欄にいづれの花をくさまくら

『奥羽記行』(自筆稿本)

国分寺本堂


昭和40年(1965年)、山口誓子は国分寺に句碑を訪ている。

 国道八号線を五智に来て、国分寺の本堂に向って歩いていると、右に白木の塔があり、左のやや高みに芭蕉の句碑があった。

   薬欄にいづれの花をくさ枕

 この句は、高田の細川春庵亭にての作だ。医師の春庵の家に薬草園があった。その垣に咲くいずれの花を旅の花として寝たものであろうか、と云うのだ。

 この句碑は高田にあるべきものである。高田市外に在ると云うから、それでよい。

『句碑をたずねて』(奥の細道)

本堂の手前左手にも芭蕉の句碑があった。


古池や蛙飛こむ水のおと

出典は『蛙合』(仙化編)。

貞亨3年(1686年)春、深川芭蕉庵で詠まれた句。

『奥の細道』北 陸〜に戻る