2008年神奈川

東叶神社〜浦賀城跡〜
indexにもどる

東浦賀2丁目の東林寺から東叶神社(HP)へ。


東叶神社


御祭神は誉田別命(ほんだわけのみこと)

誉田別命は応神天皇。

社務所の裏に鳶が留まっていた。


鳶を間近に見るのは初めてだ。

拝殿左の恵仁坂を登ると、途中の左手に芭蕉の句といわれる碑があった。



丹よ起丹よ起と帆はし良寒き入江哉

 元禄9年(1696年)版の『反古集』(遊林編)に芭蕉の句として収録されているが、『真木柱』に北村湖春の句とあるそうだ。

北村湖春は北村季吟の子、芭蕉は季吟の門で俳諧を学んだ。

 『芭蕉句選』に「追加」として収録されている。『風羅袖日記』は「貞享四卯」の句とする。

天保14年(1843年)冬、福井貞斎句碑建立。

福井貞斎は竹弄舎と号した俳人。明治3年(1870年)没。

東浦賀の専福寺に墓があるそうだ。

さらに恵仁坂を登ると、叶神社奥の院がある。

浦賀城跡である。

房総半島の鋸山が見える。


2008年神奈川〜に戻る