2008年神奈川

愛宕山公園〜鉄幹・晶子夫妻の歌碑〜
indexにもどる

横須賀市西浦賀1丁目に愛宕山公園がある。


石段を登り、浦賀港を見下ろす。


愛宕山公園から浦賀港を望む。

山頂に中島三郎助招魂碑があった。


横須賀市子弟市民文化資産

中島三郎助招魂碑

 明治24年(1891年)に彼を追慕する浦賀の有志によって建てられたもので、当時の外務大臣榎本武揚の筆である。愛宕山公園は、この碑の建立の際に整備された。

 中島三郎助はペリーの浦賀来港の際に交渉にあたった浦賀奉行所の与力である。

与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑があった。


黒船を怖れし世などなきごとし浦賀に見るはすべて黒船
   寛

春寒し造船所こそ悲しけれ浦賀の町に黒き鞘懸く
   晶子

 昭和10年(1935年)3月3日、与謝野寛・晶子夫妻が同人たちとともに観音崎、浦賀、久里浜を吟行した折に詠んだ歌である。

同年3月26日、与謝野寛は肺炎で没した。

昭和59年(1984年)11月3日、歌碑建立。

浦賀の渡しへ。

2008年神奈川〜に戻る