街 道


旧箱根街道一里塚跡の碑

 正眼寺から旧東海道(県道732号湯本元箱根線)を行くと、一里塚跡の碑があった。


箱根街道一里塚跡の碑


江戸から二十二里

一里塚

 江戸幕府が慶長9年(1604年)大久保長安に命じ、江戸−京都間に一里ごとに旅人の目印として街道の両側に盛土ををし、その上に通常榎をうえたのである。

 この塚は日本橋より22番目にある。1里(60間=1町・36町=1里・約3,952米)

箱根町教育委員会

街 道に戻る