『奥の細道』北 陸


〜聴信寺〜

上越市中央に聴信寺という寺がある。


聴信寺


浄土真宗大谷派の寺である。

 元禄2年(1689年)7月6日(新暦8月20日)、芭蕉は鉢崎(現柏崎市)から今町(直江津)を訪れた。美濃の商人宮部弥三郎の紹介状を携えて聴信寺を訪ねたが、忌中とのことで宿泊を断られてしまった。

翁行脚の昔、或法師を聞及たりと尋給ひけれハ、亭シハいてあハすして、桃青ならは物書てみせよとて硯出したり。曽良大に口惜かれと書て出セり。軈て主シ驚て出合頻に請しけれハ、暫し草鞋のまめを休め給へり。


 やむなく寺をあとにするが、石井善次郎は芭蕉と知り、人を走らせて戻るよう説得した。再三断ったが、雨も降り出したので古川市左衛門方の宿に落ちつくことになる。

 六日 雨晴。鉢崎ヲ昼時、黒井ヨリスグニ濱ヲ通テ、今町へ渡ス。聴信寺ヘ彌三状届。忌中ノ由ニテ強而不止、出。石井善次良聞テ人ヲ走ス。不帰。及再三、折節雨降出ル故、幸ト帰ル。宿、古川市左衛門方ヲ云付ル。夜ニ至テ各來ル。發句有。

『曽良随行日記』

この時の「發句」が「文月や六日も常の夜には似ず」である。

   直江津にて

文月や六日も常の夜には似ず
   ばせを

 露をのせたる桐の一葉
   左栗

朝霧に食(めし)たく烟立分て
   曽良

 蜑の小舟のはせ上る磯
   眠鴎

烏啼むかふに山を見せりけり
   此竹

 松の木間より続く供鑓
   布嚢


 左栗は石塚喜右衛門。芭蕉が古川市左衛門方を宿としていることを聞き、訪ねてきたのである。芭蕉が俳号を与えたという。

左栗老人ハむかし我翁の行脚をとゝめて時に此二字を得たる人也、

『越の名残』(支考編)

聴信寺に眠鴎がいた。此竹は石井善次郎。布嚢は石井源助。

   眠鴎
雪墻や鶴に乗たる人をみず
   左栗
みゝかゆし何をかきかむ御代の春
   布嚢
あかつきや風にまたゝくたか灯籠


 七日 雨不止故、見合中ニ、聴信寺へ被招。再三辞ス。強招ニク(クニ)及暮。 昼、少之内、雨止。其夜、佐藤元仙へ招テ俳有テ、宿。夜中、風雨甚。

『曽良随行日記』

『奥の細道』北 陸〜に戻る