2016年北海道

登別地獄谷〜花巡り〜
indexにもどる

 熱泉の渓流を数町遡れば、地獄谷とて、赭岩鬼の怒れる如くに立ち、熱湯到る処に噴騰し、奇怪極つて悽愴なるに、磯躑躅の花清香を放ちて、世にも可憐なる哉。

「北海道山水の大観」(登別温泉)

 昭和6年(1931年)6月2日、与謝野寛・晶子夫妻は地獄谷を見学している。

木草無き地獄の山は紫陽花の終りのころの色したるかな

地獄谷業の煙となしがたし戀のこころもつぶやくものを

「北海遊草」

 昭和6年(1929年)6月6日未明、荻原井泉水は登別温泉に着いた。

      登別温泉に着きしは自動車事故の爲に夜半三時なり、
      しばしまどろまんとすれば既に夜はしらしらす。第一
      瀧本に泊。六日

闇に木の芽が宿の灯がはや明けてゐる

窓、湯の香の強さ芽ぶいてゐる

つつじが鉢に水に赤くて湯は瀧なし

『海潮音』

登別温泉園地の地獄谷を歩いてみた。

登別地獄谷


薬師如来


登別温泉三大史蹟 薬師如来

文久元年(1861年)、火薬の原料として地獄谷から硫黄を採掘していた南部藩の家臣が、お堂の下から湧いている温泉で目を洗い続けたところ、長年わずらっていた眼病が治ったことから、そのお礼に寄進した石碑が安置されており、今では目の湯の名前で親しまれています。

舞鶴草


随分久し振りである。

七竈(ななかまど)


花を見るのは初めてだ。

午後、井泉水は地獄谷と湯の沼を一巡。

      午後、霧の晴間を見て地獄谷と湯の沼とを一巡す

霧が温泉けむりにはなれて空ゆく鴉

地獄湯けむりとど松の高みには雲か

一せいに地獄のけむりに芽をふく

『海潮音』

地獄谷


 昭和7年(1918年)9月1日、斎藤茂吉は登別温泉を訪れている。

   登別

登別にひと夜やどりて寄りあへる湯治の客のなかに親しむ

登別に飼ひゐし熊を見て居れば山のままなる熊しおもほゆ


谷空木(たにうつぎ)


北海道は一度に花が咲く。

 昭和23年(1948年)6月15日、高浜虚子は登別温泉に宿泊。翌16日、カルルス温泉に吟行。

六月十六日。登別滝の家泊り。第一滝本を見、カルルス温泉に遊び、午後俳句会。

 三千の浴客そろひ浴衣かな

 よくぞ来し今青嵐につゝまれて


 昭和38年(1963年)6月22日、星野立子は15年ぶりに登別へ。

 六月二十二日 羽田から北海道へ旅立つ。同行、藤島紀子、前田
明、野間きみ子。

 交魚子、白風、謡村さん等のお出迎えを受け登別へ向ってドライ
ブ。途中、白老の町に立寄る。以前とあまりにも変っているのでが
っかりする。室蘭著五時。登別、滝の家投宿。以前は小家と思って
いたが大変広くなっていた。宿の前に大勢のお出迎え。梅田幸子さ
んはじめなつかしい人ばかり。二十三年に来たとのこと故、十五年
ぶりの登別である。小句会。

温泉あがりの汗乾く間を一人をり

郭公の話の少し出でしのみ

 本当に話が沢山あって落着く間もない

水音の記憶もどりぬ滝ありし

 さすがに涼しい 寐る前にマッサージをしてもらう 雨が降り出
していた

大湯沼駐車場へ。

2016年北海道〜に戻る