俳 書『しぐれ会』

『しぐれ会』(文化6年刊)


   四来奉納
尾張名古屋
夕時雨するや山家の小石壁
   士朗

月か出て又何処へやら鴨の声
   岳輅

初雪やはつかに庵の鮭二寸
   桂五
  三河
夜あけるといふ声したり網代守
   秋挙

初霜を起て見てしるおろかさよ
   木朶
武蔵千住
冬枯のなつかしき名や蓮台野
   巣兆

大根引昼は凪うと申けり
   春蟻
陸奥白石
鳥ともの宿かし鳥もしくれけり
   乙二
出羽森岡
時雨ねは淋しかりけり粟津の夜
   仙風
  大坂
時雨より先に門さす山家かな
   奇淵

大藪のふたつにわかる千鳥哉
   升六

炭かまをさして飛けり夜の鶴
   雪雄

日のもとのけふそ時雨の玉まつり
   瓦全
当国平松
舟引の綱に芒にゆくしくれ
   亜渓
  
一しくれ持ぬ夕日の檜木山
   志宇

   遅 参
  
三ケ月と時雨とかほを合せけり
   浜藻

あら寒や立居に見ゆるやふれ傘
   成美

   一座捻香
相模鴫立沢
あは海のあはもうれしきしくれ哉
   葛三

  香を焚て安臥し、ねむれるを期とし
  給ふとそ、其終焉を遠く敬慕して

粛々としくるゝ音や申の刻
   千影

俳 書『しぐれ会』〜に戻る