上島鬼貫

『鬼貫句選』(太祇編)

indexにもどる

明和5年(1768年)2月、不夜庵太祇序。

明和6年(1769年)1月、三菓軒蕪村跋。

 元禄3年(1690年)9月20日、鬼貫は大坂を出て、10月2日に江戸に入る。想像上の旅だという。

人の親の烏追けり雀の子

鳥はまだ口もほどけず初ざくら

   彌生降の雨を

春雨のけふばかりとて降にけり



   京よりいたみへ行

水無月や風にふかれにふる里へ



此薄窓より吹や秋の風

   富士の形は、畫るにいさゝかかは
   る事なし。されども腰を帶たる雲
   の今見しにはやかはり、其けしき
   もまたまたおなじからずして、新
   なる富士を見る事、暫時にいくば
   くぞや。あし高山はおのれひとり
   立なば並びなからん。外山の國に
   名あるはあれど、古今景色のかわ
   らぬこそあれ。

によほりと秋の空なる富士の山



   禁足旅記

北窓の月は遠山の曉にそむき、南面の秋日は軒をめぐる事はやし。我レこゝろあらばめでたき閑居なるめれど、いやしければたのしみのおもひみじかく、欝寥たる秋の、中々吾妻のかたにたびしたけれど、用なきに身を遠く遊ぶ事、暫老親のためにおもひければ、こしかたに見つくしたる所々、居ながら再廻のまなこをおよぼし、日々こゝろばかりを脱けてゆかば、我願ひもたり、不孝にもあらずとおもひ立ぬ。

廿日の夕ぐれ大坂に出て、伏見への船かりてのる。

   我が身に秋風寒し親ふたり

廿一日、ふしみにつく。朝ぼらけ打ながめ行に、町は所々家の隣、畠になりてさびし。

   伏見人唐黍がらをたばねけり

別れて關の明神にまいる。

   琵琶の音は月の鼠のかぶりけり

案内する子をやとひて、三井寺より高觀音にのぼる。所々の事念比に、夜は湖水の月など、舌さへまはらずいひしも、實(げに)馴ればおとなしき物をと愛らしくて、

   大津の子お月様とはいはぬかな

松本を過てもころ川に至る。人の家のうしろに柿の木ありて、

      義仲塚

   柿葺や木曾が精進がうしにて

また膳所を行はなれて、秋の田の面の物あはれなる中に、

      兼平塚

   兼平が塚渺々とかり田かな

この所より道を右にのぼりて、

   石山のいしの形もや秋の月

もどりに芭蕉がいほりにたづねて、

   我に喰せ椎の樹もあり夏木立

長はしをわたりて、

   瀬田の秋よこ頬寒しかゞみやま

廿四日、桑名にいづ。風はげしくて船こはさに宿とる。座敷は海を請たる所なり。礒よりちいさき釣ぶねの行衛おぼつかなく見やりて、蛤など燒せてこゝろのびけり。

   風の間に鱸(すずき)の鱠させにけり

午のさがりに風なをりて舟だす。うち晴てそこそこおもしろかりし物を、申のかしらより雨になりてういめす。漸日のおはるころ熱田にあがりて、こよひのやどかる。

   熱田にて鱸(すずき)の鱠吐にけり

廿五日、なるみの宿をすぎて行さき、尾張・三河のさかひ橋あり。おはりのかた半は板をわたし、三河の地はつもりばしなり。

廿六日、ほどなくて御油の宿にかゝる。猶行道の左右に大きなる松はへつゞき、梢ひとつになりて、日の影さへもらぬほどなり。

   たびの日はどこらにやある秋の空

よし田の町にて鶉きゝて、

   うづら鳴吉田通れば二階から

ひうち坂といふ所に休て、

   霧雨に屋ねよりおろす茶の木哉

ふた川を過行。爰にも三河・遠江の境に川橋あり。それを渡りて、

   我裾は三河の露とまじりけり

白須賀こえて、荒井につく。濱名の橋のあとなつかしくて、

   ことしにて濱名の橋は幾秋ぞ

      また夜の心になりて

   あの月やむかし濱名の橋の月

舟より前坂にあがりて、こよひは濱松に明す。

廿七日、天龍を渡る。

御上洛の御時は此橋舟橋になりぬと、船頭の物がたりす。げに宗苻が事を聞つたへて、なつかしくなりたり。

   我祖父も舟橋おがむ秋の水

廿八日、小夜中山

      松杉のすげなふ立たる中に、朝日
      影ちからなくさし入て猶心ぼそし。

   けふともに秋三日あり小夜の山

江尻を過て、清見寺にのぼる。

      庭上秋深うして佛閣靜に高し。海
      原見やる所望めば、こゝろのび、
      また心よはくなれり。

   秋の日や浪に浮たる三穂の邊

興津の浦の海士の蚫とるなど、都にはなきをと見る。猶あら波のいそづたひに、道すなをならで、げに所の名もとおもふに、また古郷なつかしくて、

      

   故郷や猶こゝろぼそ親しらず

由井・かん原をこえて、富士川につく。色さへ余所の水にかはりて、船のさる事甚はやし。

   不二川や目くるほしさに秋の空

よし原臥て晦日の朝、

   秋の日や富士の手變の朝朗

うき嶋が原をひさしく通りて、

   浮しまや露に香うつす馬の原

三しまの社を拜み奉るに、みな幾抱あらむとおもふ斗の松杉、間なく立こもりて、さびわたる神風に梢のしづく落るも遠し。眞砂はその白玉にうるほひ、御池は水の面青み立て、底おぼつかなくすごし。

      

   ちはやぶる苔のはへたる神鰻(※「魚」+「旦」)

のぼりのぼりて箱根のとうげにいたる。けふ三嶋の空にいたゞきたる雲ははるかなれど、こよひはまた其うへに枕す。

十月朔日、宿を出て行。俗にこの山にて死人にあふたる例おほしと、いひならはすほどに、

      

   水海や我影にあふ箱根やま

礒はたにさいの川原あり。念佛する法師の家、所々にきこえ、往來の人の小石あまた、つみかさねたるを見るにも、子をしたふ數しられてものあはれなり。

   お地藏のもすそに鳴や礒鵆

權現にまいりて、

   神の留守留守とおもへば神の留守

かしの木は皆人馬にものらず。そのほか岩根道いくまがりもまがりて、中々鈴鹿の坂はこの汗にも似ず。漸小田原にくだる。

      

   氣辛勞や馬にのろもの小田原へ

(げに)こゝろばかり行道なれば、落る事もなきにと後悔してすぐ。A href="http://urawa0328.babymilk.jp/kanagawa/sogabairin.html">曾我の里をとへば、海道とり十町ばかり左の山陰なりといふ。

   さむ空にいとゞおもふや曾我の里

それより大磯にこえて、

   とら御前今はつめたし石の肌

藤澤にとまりて、二日の朝遊行の御堂にまいる。看經の聲たふとく、我も無念の念佛す。

   十月の二日も我もなかりけり

品川より鉄炮洲の御堂を見やりて、

   むさしのは堂より出る冬の月

江戸に入て、日本橋を渡る。

   いつもながら雪は降けり富士の山

嵐雪に行て宿す。去年の秋は、瓠界この庵に來て夜長く、ことしの春は、伴自が日永ふして我事いふにみじかく、また歸りていふに長し。たがひにわらつて夜もすがら兩吟す。句は其袋(※「代」+「巾」)にむかふ。

   元禄三年庚午十月日

上島鬼貫に戻る