2012年岐 阜

祐泉寺〜碑巡り〜
indexにもどる

美濃加茂市太田本町の長良川沿いに祐泉寺という寺がある。


龍興山祐泉禅寺


文明6年(1474年)、建立。

臨済宗妙心寺派の寺である。

本堂の手前右手に芭蕉の句碑があった。


春なれや名もなき山の朝かすみ

出典は『芭蕉句選』

 『野ざらし紀行』には「薄霞」とあり、「奈良に出る道のほど」と前書きがある。

 貞亨2年(1685年)、二月堂参篭のために伊賀を発って奈良へ向かう途中で詠まれた句。

林冬甫建立。

本堂の左手に坪内逍遥の歌碑があった。


やま椿さけるを見れはいにしへを幼きときを神の代をおもふ

この木の実ふりにし亊のしのはれて山椿はないとなつかしも

美濃太田駅南口に坪内逍遥博士之像がある。

左に北原白秋の歌碑もあった。


細葉樫秋雨ふれりうち見やる石燈籠のあお苔のいろ

この歌は北原白秋全集にも収録されていない。

 昭和7年(1932年)11月、北原白秋は吉植庄亮を伴い美濃、飛騨の旅を志し、太田町祐泉寺東隣の望川楼に一泊した。酒に酔った白秋は祐泉寺に入りこみ、怪しむ住職より筆を借りて、この1首をしたためたという。

現在、望川楼はない。

中山道太田宿を歩く。

2012年岐 阜〜に戻る