2013年岐 阜

明星輪寺〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

大垣市赤坂町の金生山山上に明星輪寺(HP)という寺がある。


海抜217メートルだが、坂道を上るのはつらい。

明星輪寺山門


 朱鳥元年(686年)、持統天皇の勅願により鎮護国家の道場として役の小角の創立。

本尊は虚空蔵菩薩。

真言宗の寺である。

山門の手前左手に芭蕉の句碑があった。


鳩の聲身に入わたる岩戸哉

出典は天理図書館所蔵の特別本『漆嶋』ということだが、未見。

   赤坂の虚空蔵にて
   8月28日奥の院
はせを

はとのこえみにしみわたるいわとかな

芭蕉奥の細道の旅、元禄2年の作(漆嶋所載)を故吉田門治郎氏の遺志を継ぎここに建碑する。

 昭和47年秋

 大垣市文化財保護協会

子安地蔵堂


木造地蔵菩薩半跏像は国指定重要文化財。

明星輪寺本堂


文久3年(1863年)、大垣藩主十代戸田氏彬によって再建されたもの。

明星輪寺境内からの眺望。


天明8年(1788年)2月29日、蝶夢は江戸へ下る途中で金生山に登っている。

 青墓の宿も過て、幽の東に又松の一木は御勝山とかや。ゆゝしき赤坂宿なる蘭戸亭に留。其日は金生山に登り、美濃国一円に見る。

   石生る山やうごかぬ八重霞


磨崖仏観音


2013年岐 阜〜に戻る