2010年千 葉

音羽山清水寺〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

いすみ市岬町鴨根に清水寺(HP)がある。


 清水寺は伝教大師最澄が草創し、慈覚大師円仁により起され、坂上田村麻呂が建立したといわれているそうだ。

仁王門


平成5年(1993年)、再建。

四天門


文政5年(1822年)、建立。

奥院堂


文化11年(1814年)、建立。

奥院本尊は十一面観世音菩薩(千葉県指定有形文化財)。

本 堂


文化14年(1817年)、再建。

本尊は千手観世音菩薩。

 大同2年(807年)、坂上田村麻呂が両堂を建立して音羽山清水寺と名付けたそうだ。

坂東三十三観音霊場32番札所。

天台宗の寺である。

本堂の手前左手に芭蕉の句碑があった。


こからしに岩吹き尖る杉間哉

 文政9年(1826年)10月12日、芭蕉の百三十三回忌に里丸社中建立。田喜庵護物書。

記念集『杉間集』刊。

 それまで上総の坂東三十三観音霊場高倉観音笠森観音に芭蕉の句碑があったが、清水観音にはなかった。

昭和46年(1971年)3月29日、高浜年尾銚子観音、清水観音を巡る。

   三月二十九日 同前 銚子観音、清水観音をめぐる

初花と見極めしこと誰も彼も

本堂の前に池古り目高棲む


2010年千 葉〜に戻る