芭蕉の句碑群 馬


しばらくは花の色なる月夜かな

館林市の茂林寺から県立つつじが岡公園まで歩く。


思いの外遠いので、疲れた。

つつじが岡公園に芭蕉の句碑があるというので、探してみた。

田山花袋文学碑があった。


つつじが岡公園は広い。

   上州館林躑躅ヶ岡にて

つゝじ觀のあちこちしては廻り合ふ


歩き回って探すと、渡船のりば近くのつつじに埋もれて芭蕉の句碑があった。

芭蕉の句碑


しばらくは花の色なる月夜かな

『芭蕉句選』(華雀編)に「花の色なる」とあるが、誤伝であろう。

『初蝉』(風国編)には「花の上なる」とある。

明治18年(1885年)3月、荒井閑窓らが建立。

城沼北岸「館林文学のこみち」に荒井閑窓の句碑がある。

四世夜雪庵金羅、筆。

四世夜雪庵金羅(1830〜1894)は本名近藤栄治郎、本郷湯島の俳人。

亀戸天神社の芭蕉句碑の背面に夜雪庵普成の句が刻まれている。

渡船のりばから城沼を眺める。


善長寺が見える。

大正8年(1919年)5月4日、大町桂月は大須賀乙字等と共に躑躅岡を訪れた。

十二時半、館林駅に下りて徒歩す。数丁にして弁天の渡に至りしに、舟は少なくして渡客多し。空しく待つよりはとて、途を左に取りて、善長寺の渡に至る。駅より凡そ半里の途也。幅二丁ばかりの沼を隔てゝ、彼方は躑躅岡なるが、唯遊人を見て、花を見ず。一同舟にて渡る。右も左も十町ばかりは沼也。この沼、城沼と称す。鳰は唯其声を聞いて其姿を見ず。一羽の白燕沼中の筏にとまり、首を傾けて人を見る。

「館林の躑躅」

芭蕉の句碑群 馬〜に戻る