芭蕉の句碑岐 阜


葱白くあらひ上たる寒さかな

垂井町垂井の玉泉寺前に「垂井の泉」がある。


垂井の泉


大ケヤキ


垂井の泉と大ケヤキ

 この泉は、県指定の天然記念物である、大ケヤキの根元から湧出し、「垂井」の地名の起こりとされる。『続日本紀』天平12年(740)12月条に見える、美濃行幸中の聖武天皇が立ち寄った「曳常泉」もこの場所と考えられており、古くからの由緒がある。近隣の住民たちに親しまれる泉であっただけでなく、歌枕としても知られ、はやく藤原隆経は

昔見し たる井の水はかはらねど

   うつれる影ぞ 年をへにける

『詞花集』

と詠んでいる。のちには芭蕉も

「葱(ねぶか)白く 洗ひあげたる 寒さかな」

という一句を残している。岐阜県名水50選(昭和61年)に選ばれている。

 この大ケヤキは、樹齢約800年で、高さ約20メートル、目通り約8.2メートル。このようなケヤキの巨木は県下では珍しい。この木にちなんで、木が堅くて若葉の美しいケヤキを垂井の「木」とした。

芭蕉の句碑


葱白くあらひ上たる寒さかな

出典は『芭蕉翁發句集』

『韻塞』には「あらひたてたる」とある。

 元禄4年(1691年)10月、上方から江戸へ戻る途中、垂井の本龍寺で詠まれた句。

安永4年(1775年)11月29日、冬至に櫟原君里建立。

 櫟原(いちはら)君里は儒学者。号はセッ(※「折」の下に「足」)斎。本姓は栗田。代々酒造業を営み。垂井宿本陣を務めた。君里は俳号。

 明和8年(1771年)、師訂斎より孔子の聖像を譲りうけ、明倫堂を建立し子弟を教育した。

 その後、明倫堂を垂井の清水のほとりに改築し泗水庵と称し、孔子の像を中心に顔子、曽子、子思、孟子、朱子の像を祭る。

寛政12年(1800年)、1月2日、78歳で没。

『諸国翁墳記』に「白根塚 美濃垂井アリ 五峯菴連中建」とある。

芭蕉の句碑岐 阜〜に戻る