芭蕉の句碑新 潟


初しくれ猿も小みのをほしけなり

妙高市姫川原の国道292号沿いに正念寺という寺がある。


正念寺


浄土真宗本願寺派の寺である。

本堂の裏に芭蕉の句碑があった。


初しくれ猿も小みのをほしけなり

『猿蓑』(去来・凡兆共編)冒頭の句。

 元禄2年(1689年)9月下旬、芭蕉が『奥の細道』の旅を終え伊勢へ足をのばした後、故郷上野へ帰る途中に伊賀街道の長野峠で詠んだものとされている。

建立年は不詳。

芭蕉の句碑新 潟〜に戻る