翁 塚


宗現寺〜蓑 塚〜

新潟市中央区西堀通七番町に宗現寺(HP)という寺がある。


海獄山宗現寺


曹洞宗の寺である。

境内には松尾芭蕉翁の蓑塚があります。

俳聖芭蕉翁が奥羽行脚の途次、この地に寄ったことを偲んで、後人が偲んで善導寺(西堀通4番町)に塚を建てたことに始まるが、市内数次の火災に際し、大正6年(1917年)、降雨庵、蓑塚は当寺に移設されたと伝えられている。

芭蕉翁蓑塚


 「降雨庵」は「海に降る雨や恋ひしき浮身宿」にちなんで建てられたが、戦時中に取り壊されたそうだ。

『諸国翁墳記』に「蓑塚 越後新潟アリ 連中建」とある。

「梅花佛」の碑があった。


支考の供養塔である。

宝永3年(1706年)、各務支考は越後を行脚。

宝永5年(1708年)、支考は30日余り新潟に滞在。

享保20年(1735年)、美濃派三世仙石廬元坊は新潟を訪ねている。

善導寺(西堀通4番町)の蓑塚跡に「みの塚」の碑があった。


 宝暦5年(1755年)3月14日、南嶺庵梅至は善導寺で簔塚を見ている。

十四日新潟に入善導寺の廣庭に祖翁の簔塚を拝す

塚の名を千本仰く桜かな


「芭蕉句碑」に戻る