芭蕉の句碑福 島


春なれや名もなき山の朝霞

平田村小平加保の集落の一番上に関根寛宅がある。


広い屋敷の中に神社がある。


鳥居の右手に芭蕉の句碑があった。


春なれや名もなき山の朝霞

出典は『芭蕉庵小文庫』

『野ざらし紀行』には「薄霞」とある。

 貞亨2年(1685年)、二月堂参篭のために伊賀を発って奈良へ向かう途中で詠まれた句。

明治26年(1893年)11月7日、関根専吉建立。三森幹雄筆。

幹雄は妻マサの実兄。

大正6年(1917年)3月、90歳で歿。

鳥居の左手には三森幹雄と関根専吉の句碑があった。


私には読めなかったので、後日、問い合わせてみた。

今年はと作もうけあふ餘寒哉
   幹雄

勉強をして子に見する春日かな
   一鏡

一鏡は関根専吉の俳号。三森幹雄の弟子であった。

明治26年(1893年)11月、関根専吉建立。

芭蕉の句碑福 島に戻る