芭蕉の句碑山 梨


物いへは唇寒し秋の風

立正寺から勝沼町小佐手の林照寺へ。


林照寺


浄土真宗本願寺派の寺である。

桜を大きく撮ってみた。


少し青空がのぞいた。

林照寺に芭蕉の句碑があった。


物いへは唇寒し秋の風

出典は史邦編『芭蕉庵小文庫』

元禄4年(1691年)、芭蕉49歳の時の句。

座右之銘

   人の短をいふ事なかれ

   己が長をとく事なかれ

物いへば唇寒し穐の風

明治26年(1893年)、軍国化していく世相を憂いて建立したそうだ。

 平成17年(2005年)11月1日、勝沼町は塩山市・大和村と合併して甲州市となった。

芭蕉の句碑山 梨〜に戻る