芭蕉の句碑山 梨


いさゝらは雪見にころふ處まて

雀宮神社から勝沼町下岩崎の蓮華寺へ。


蓮華寺鐘楼門


鐘楼門を入ると右手に芭蕉の句碑があった。


いさゝらは雪見にころふ處まて

出典は『花摘』(其角著)。

 貞亨4年(1687年)、『笈の小文』の旅の途中、名古屋の風月堂で詠まれた句である。芭蕉44歳の時のこと。

『蕉翁句集』(土芳編)には「貞享五辰ノとし」とある。

 正面に芭蕉塚と記し、天保14年(1843年)10月芭蕉の百五十回忌に昌平により建立されたもので、「此界におわすが如ししぐれ佛」の句が側面に刻まれている。

妙法山蓮華寺


日蓮宗の寺である。

萬福寺へ。

芭蕉の句碑山 梨〜に戻る