芭蕉の句碑富 山


あかあかと日ハつれなくも秋の風

有磯海SAから北陸自動車道を上り、小矢部川SAに車を停める。


小矢部川SAにも芭蕉の句碑があった。


あかあかと日ハつれなくも秋の風

 元禄2年(1689年)初夏、松尾芭蕉は門弟の曽良を伴って江戸深川をたち、奥州、北陸の旅に出ました。

 秋、大垣にたどりつくまで約5か月、旅程600里(2,400キロメートル)に近い徒歩による大紀行が「奥の細道」であります。

 当時の長期間を要したその旅程は、いまでは東北、北陸自動車道、名神高速道路で結ばれ、多くの皆様に車による快適な旅行を楽しんでいただいており、まさに隔世の感があります。

 この句は、北陸路「卯の花山・くりからが谷」(当サービスエリアから北西約7キロメートル)をこえて金沢に向い、加賀平野で残暑の厳しい中にも秋風を感じ、長途の旅愁の思いを詠んだものといわれております。

 今、芭蕉の奥州、北陸の旅から300年を迎えることとなりますが、くしくも今夏、北陸自動車道が全通いたします。

 これを記念し、芭蕉のゆかりの地倶利伽羅峠に近いここ小矢部川サービスエリアにこの句碑を建立するものです。

 1988年3月

日本道路公団

芭蕉が江戸深川をたったのは、3月27日(新暦5月16日)。晩春である。

倶利伽羅峠へ。

芭蕉の句碑富 山〜に戻る