芭蕉の句碑埼 玉


桟や命をからむ蔦可津ら

氷川神社から東武東上線を越え、兜川沿いの道を行く。


県立小川高校裏手の小川町角山に芭蕉の句碑があった。


桟や命をからむ蔦可津ら

出典は『更科紀行』

元禄元年(1688年)、芭蕉45歳の時である。

(かけはし)は木曾街道の上松・福島間にある有名な難所。

私は、まだ行ったことがない。

明治35年(1902年)12月、加藤忠雄建立。

 この句碑を模したものが福岡市の文学碑公園にあったはずであるが、今では分からない。

八宮神社へ。

芭蕉の句碑埼 玉〜に戻る