芭蕉句碑存 疑


蛙子は目すり膾をなく音かな

印西市吉高の富井氏宅に「はせを」の句碑があるというので、行ってみた。


富井氏宅前の畦道に「はせを」の句碑があった。


蛙塚

   この塚むかし正保の頃富井外記てふ人
   ありて多くの蛙を埋めしと言傳ひぬ

蛙子は目すり膾をなく音かな    はせを

出典は俳諧一葉集』だが、存疑句である。

明治25年(1892年)4月15日、建立。

 碑陰に故半香舎一世此君園、故二世梅麿、故三世有隣、故幽谷舎梧井、精香舎東水、竹窓茶烟、玉波亭萩池、江南亭梅理の蛙の句が刻まれているようだが、読めない。

 一世此君園は吉高村の医師前田宗a。俳号梅丸。田川鳳郎の門人。赤松宗旦は宗aに師事し、医学や漢学を学んだという。

天保12年(1841年)、没。

 二世梅麿は前田宗aの子元a。

 三世有隣は萩原の林多一郎。

 精香舎東水は本埜村下井新田の小池権四郎。半香舎四世を嗣ぐ。

 江南亭梅理は前田元aの三男で分家した須藤元誓。半香舎五世を嗣ぐ。宗像神社にある芭蕉句碑の撰者。

「芭蕉句碑」存 疑〜に戻る