芭蕉の句碑滋 賀


海士の屋は小えひにましるいとゝかな

「堅田十六夜の弁」の俳文碑から堅田漁港へ。


堅田漁業会館に芭蕉の句碑があった。


海士の屋は小えひにましるいとゝかな

出典は『猿蓑』(去来・凡兆共編)。

元禄3年(1690年)9月、堅田で詠まれた句。

「いとど」は昆虫カマドウマの別名。羽根がないので鳴かない。エビコオロギ。

病鴈のよさむに落て旅ね哉
   ばせを


あまのやは小海老にまじるいとゞ哉
   同

 『さるみの』撰の時、「此内一句入集すべし」也。凡兆は「病鴈はさる事なれど、小海老に雜るいとゞは、句のかけり・事あたらしさ、誠に秀逸[の]句也」乞。去来は「小海老の句は珍しといへど、其物を案じたる時は、予が口にもいでん。病鴈は格高く趣かすかにして、いかでか爰を案じつけん」と論じ、終に両句ともに乞て入集す。其後先師曰、「病鴈を小海老などゝ同じごとく論じけり」と笑ひ給ひけり。


昭和63年(1988年)9月23日、芭蕉来津300年記念に建立。

祥瑞寺へ。

芭蕉の句碑滋 賀〜に戻る