童謡・唱歌



〜「汽車ポッポ」の碑〜

長野電鉄屋代線に松代駅がある。


松代駅前に「汽車ポッポ」の碑があった。


汽車ポッポ

作詞 冨原薫
作曲 草川信

きしゃきしゃ
   ポッポ ポッポ
 シュッポ シュッポ シュッポッポ
けむりをはいて
 シュッポ シュッポ シュッポッポ
ゆこうよ ゆこうよ どこまでも
あかるいきぼうがまっている
はしれ はしれ はしれ
がんばって がんばって
         はしれよ

平成2年(1990年)12月2日、建立。

 この歌は大正13年に「兵隊さんの汽車」という題名で発表され、戦後「汽車ポッポ」に改名された躍動感がみなぎり明るく戦後の童謡の中でも傑作と言われている。

 作曲の草川信は長野市の生まれで、、他にも「夕焼小焼」「どこかで春が」「揺籠の歌」等多くの童謡を作曲している。

 作詞の冨原薫は静岡県御殿場市の生まれで、「早起き時計」等の詩を書いている。

 この歌碑は「唱歌と童謡を愛する会」が詩情豊かな街づくりの一環として建立したものである。

長野電鉄屋代線


平成24年(2012年)4月1日、長野電鉄屋代線は廃止された。

童謡・唱歌に戻る