太田道灌ゆかりの地

太田道灌の墓

伊勢原市下糟屋を歩いていると、渋田川沿いに「太田道灌の墓」があった。


 伊勢原市指定史跡

太田道灌の墓

 太田道灌は、室町幕府の重臣である扇谷上杉氏の家宰です。永亨4年(1432年)に相模で生まれたといわれ、幼名は鶴千代、元服して資長と名乗りました。道灌は剃髪後の名です。

太田道灌画像(大慈寺蔵)


 幼少より父道真(資清)の薫陶を受け、康正元年(1455年)に家督を嗣ぎ、長禄元年(1457年)に26歳で江戸城を築きました。「文武両道の鑑」との誉れ高く、文事では和歌に情熱を傾けてその道に深く通じ、軍事では特に戦略的な才覚に優れて、扇谷上杉氏を守り立てました。しかしその有能さが上杉家宗家の山内上杉顕定に疎まれ、道灌は顕定の讒言を信じた主君の上杉定正によって暗殺されるという悲劇の主人公となりました。文明18年(1486年)7月26日、定正の居館である糟屋館(伊勢原市内。詳しい場所は不明)での出来事です。

太田道灌の墓


 道灌の墓は、市内ではこの下糟屋の大慈寺と道灌の遺体を荼毘に付したと伝えられる上粕屋の洞昌院にあります。大慈寺は道灌が鎌倉からこの地に移して再興し、叔父の周厳淑悦禅師が中興開祖としたとされる寺です。現在の本尊である聖観音像も道灌の持仏であったと伝えられます。墓はいつからか「首塚」と呼び習わされ、宝篋印塔と五輪塔からなる石造の供養塔が祀られています。

伊勢原市教育委員会

大慈寺


太田道灌ゆかりの地に戻る