2009年青 森

善知鳥神社〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

青森市安方に善知鳥(うとう)神社(HP)がある。


善知鳥神社


善知鳥(うとう)はウミスズメ科の海鳥だそうだ。

西行も歌を詠んでいると伝えられる。

子を思う涙の雨の笠の上にかかるもわびしやすかたの鳥

 善知鳥という鳥は、親が「うとう」というと、小鳥が「やすかた」とこたえるという言い伝えがあるそうだ。

芭蕉も「善知鳥啼」外が浜から北海道まで見たかったようである。

猶善知鳥啼卒都の浜辺より、蝦夷が千島を見やらんまでとしきりに思ひ立侍るを、同行曽良何某といふもの、多病心もとなしなど、袖を控ゆるに心弱りて今年湖水のほとりに漂ふ。

「幻住庵記」草稿

芭蕉の句碑があった。


名月や鶴脛高き遠干潟

出典は『もとの水』(重厚撰)。

 俳諧一葉集』『芭蕉翁句解参考』に収録されているが、存疑の句とされる。

文化9年(1812年)3月12日、建立。

 天明5年(1785年)8月18日、菅江真澄は烏頭の宮を訪れた。蝦夷へ渡るため青森を訪れたが、大飢饉のため引き返した。

安潟といふ町あれど、みなやけたり、かり小家のみ立ならびたり。烏頭の宮といふかん社も、おなじ火にやかれたり。いにしへは善千鳥、悪鵆といふ鳥、このはまに多く群てあさりしかど、今はなし。凡鴎に似てことなりとか。うとうやすかたといふは、よしちとり、あし千鳥ならん、又雌雄にや。むかし此鳥をとりて、むさしの君に奉りたるためしありけるなど、浦の翁の語る。

『楚堵賀浜風』(そとがはまかぜ)

 天明8年(1788年)7月7日、菅江真澄は鳥頭神社(善知鳥神社)に詣でている。この時、三厩から蝦夷地へ渡った。

延喜の御代とやらん、善知鳥、悪鵆のいたく群れあさりて、浜田、浦田の早苗ふみしだき稲のみのらざりければ、国人うれへて都にうたへ申しかば、からしめ給ひて、その鳥のむくろを集て山とし、高く塚したりとも、あるは、鳥頭大納言藤原安方朝臣といふやんごとなき君の、いづれの御世になにのおかしありてか、さすらへおましましてこの浦にてかくれ給ふたるが、そのみたまの鳥となりて海にむれ磯に鳴てけるを、しか名によび、その君を斎ひ祀て鴆(うとう)大明神と唱ふなど、浦人の耳に残たる物語どものあり。今は棟方明神とあがめ奉る。

『率土か浜つたひ』(そとがはまづたい)

 寛政8年(1796年)1月19日、菅江真澄は善知鳥神社に詣でた。青森に20余日滞在。

十九日 浜路ゆかばやと、安潟町に出でて善知鳥の宮にまうで、手酬せばやとて、よんでたいまつるうた。

   うちなびくたむけのぬさもふりはへてかうがうしくも見ゆるみづ垣

『津可呂の奥』(つがろのおく)

菅江真澄の歌碑があった。


   寛政8年正月元日
のどけしなそとがはまかぜ鳥すらも世をやすかたとうとう声して

   同 2月19日
うちなびくたむけのぬさもふりはへてこうごうしくも見ゆるみず垣

龍神宮


黄葉が美しい。

 明治15年(1882年)10月5日、森鴎外は善知鳥神社に参詣しているそうだ。

 明治40年(1907年)1月25日、河東碧梧桐は青森市中を散歩して善知鳥神社へ。

 一月二十五日。半晴。

 午後青森へ行って山梔子、秋来二子の案内で市中を散歩した。善知鳥神社がある。安方町がある。謡曲「善知鳥」を思い出さざるを得ぬ。

(陸奥浅虫にて)


 昭和20年(1945年)7月、社殿は空襲で焼ける。

 昭和29年(1954年)、富安風生は善知鳥神社を参拝し、社務所で増田手古奈らと句会。

柾を葺く仮宮かなし小町草

『古稀春風』

2009年青 森〜に戻る