晶子ゆかりの地



与謝野鉄幹・晶子住居跡

JR総武線飯田橋駅から外濠公園沿いに行くと、逓信病院がある。


逓信病院に「与謝野鉄幹・晶子住居跡」の標注がある。


標注の脇に説明が書かれた高札があった。

与謝野鉄幹 晶子 住居跡

与謝野鉄幹(明治6年〜昭和10年)京都市生

 詩人・歌人 東京新詩社の創立、『明星』の刊行に尽力、新和歌運動に貢献した。

 作品 「東西南北」「天地玄黄」「相聞(あいきこえ)」など

与謝野晶子(明治11年〜昭和17年)堺市生

 鉄幹の妻、歌人 新詩社に加わり『明星』で活躍

 作品 「みだれ髪」「春泥集」「舞姫」「新訳源氏物語」など

 二人は明治34年に結婚し、大正4年から大正12年の関東大震災まで当地に居住した。また、二人は神田駿河台の『文化学院』の創立(大正10年)に貢献し、教鞭をとった。

 明治37年『明星』に掲載された晶子の「君死にたもうことなかれ」は、戦地にいる弟(鋳三郎)の身を案じた詩としてあまりにも有名である。

 大正10年(1921年)10月2日、永井荷風は「明星」の編集会議で森鴎外に会う。

午後富士見町與謝野氏の家にて雜誌明星編輯相談會あり。森先生も出席せらる。先生余を見て笑つて言ふ。我家の娘供近頃君の小説を讀み江戸趣味に感染せりと。余恐縮して荅ふる所を知らず。


靖国神社へ。

与謝野晶子ゆかりの地に戻る