2019年山 口

龍泉寺〜「風来居」跡〜
indexにもどる

新山口から山口線で湯田温泉へ。


山口市前町に龍泉寺という寺がある。


浄土真宗本願寺派の寺である。

 文久3年(1863年)、「八月十八日の政変」によって朝廷の実権が尊皇攘夷派から公武合体派に移ると、7人の公家が長州へ逃れた。「七卿落ち」である。

 元治元年(1864年)5月1日、東久世通禧、四条隆謌の2人が龍泉寺に移る。別名「湯田前町御殿」と呼ばれたそうだ。

「風来居」跡


 昭和13年(1938年)11月、種田山頭火は旧小郡町の其中庵を出て、湯田温泉に近い龍泉寺の上隣に転住、「風来居」と名付けた。

記念碑はおろか目印になる標柱もない。

2019年山 口〜に戻る