2011年山 形

上山城〜南佳孝さん〜
indexにもどる

上山市鶴脛町元城内に上山城がある。


出羽国 上山城


 上山城は、室町時代の応永年間初期(1400年前後)に、羽州探題で最上氏の祖、斯波兼頼の曾孫里見満長が初めて着封、上山殿と称し、虚空蔵山に山城を築いたのが初めとされ、当時は高楯城または亀ヶ岡城とも言われていた。

 永正11年(1514年)には、伊達稙宗に攻略され、翌年和睦し返還、5年後に再び攻略されたが、天文4年(1535年)満長の子孫武衛義忠が挙兵して奪還した。

 同年高楯城を廃して、新たにこの地天神森に平山城を築き、月岡城とも称した。

 その後、城主は武衛氏三代、里見氏、元和8年(1622年)最上家改易後、能見松平氏、蒲生氏等を経て、土岐氏二代が領した17世紀の後期には、城郭として最も整備され、白壁の城壁をめぐらし、後景には四季折々の緑や紅葉に映えた上山城は、小藩(2万5千石)ながら奥羽の名城と称されていた伝えられている。

 しかし、元禄5年(1692年)土岐氏が転封直後、幕府の命により跡形もなく破壊された。

 以来、上山藩は金森氏、藤井松平氏(3万石)10代の治領下で170年余年間、代々城の再建が宿願であったが、明治維新まで一部を修復するに止まり、再築されることはなかった。

 周囲の堀も、明治5年に埋め立てられ、城の西側に僅かに内堀の名残りを留めている。

 現在の上山城は、昭和57年に旧二の丸跡に城郭風の郷土資料館として建設したものである。

 寛永6年(1629年)、沢庵禅師は幕府の命により上山に配流された。当時の上山城主土岐頼は行沢庵の身柄を預かり手厚く保護して春雨庵を贈った。

 元禄5年(1692年)7月、六代高山城主金森頼時は上山に転封。

 寛政6年(1794年)、上山藩の家老金子万嶽は江戸に出て麻布広尾野に草庵を結び、俳人となる。上山俳諧中興の祖と言われた。

 明治39年(1906年)10月27日、河東碧梧桐は汽車で上山に着いた。

 後の十日月冴え渡る頃、汽車で上の山に着く。山形の桜園子等すでに予を待ちつつあった。(羽前上の山にて)

   最上で上の山の粋な夜寒かな


旧本丸跡には月岡神社がある。

上山城城門前広場


の町ジャズフェスタ「ゆかたde音楽祭 inかみのやま温泉

スペシャルゲストに「南佳孝さん」


南佳孝さんは震災当日花巻市でコンサートを予定していたそうだ。

2011年山 形〜に戻る