2012年山 形

洗心峡〜斎藤茂吉の歌碑〜
indexにもどる

銀山温泉の温泉街を抜けて洗心峡を歩く。

白銀の滝


落差22m

白銀の滝を過ぎると人は少ない。

滝の不動尊


慈覚大師の建立

せとこい橋


籟音(らいおん)の滝


河鹿橋


せとこい橋から河鹿橋までの渓流を“洗心峡”と言うそうだ。

昭和20年(1945年)8月26日、斎藤茂吉は能登屋旅館に泊まる。

斎藤茂吉の歌碑があった。


蝉のこゑひゝかふころに文殊谷吾もわたりて古へおもほゆ

『短歌拾遺』(昭和20年)収録の歌。

昭和55年〈1980年)7月、銀山温泉組合建立。

2012年山 形〜に戻る