2018年鳥 取〜

正福寺〜松尾芭蕉の句碑〜
indexにもどる

境港市中野町に正福寺(HP)という寺がある。

鐘楼門


鐘楼門の右手に松尾芭蕉の句碑があった。


梅が香にのつと日の出る山路かな

『炭俵』冒頭、志太野坡と両吟歌仙の発句である。

 境港市指定文化財

松尾芭蕉の句碑

 この句碑は、境港市内に残されている唯一の松尾芭蕉の句碑である。

 正面に「梅が香にのっと日の出る山路かな 翁」と刻む。この句は、芭蕉が没する元禄7年(1694年)の春、愛弟子の野坡と二人で巻いた両吟歌仙「梅が香」の発句である。この句を選び、句碑建立の中心的な役割を果した人は、地元竹内村(現、竹内町)の俳人「一仙堂蘭石」であった。碑の裏面には、「辞世」「一仙堂」「もみぢにもならで落たる一葉かな」と刻んである。

 句碑建立の年代は不詳であるが、基礎の台石に「文政元」「寅七月日」「竹内生花門弟中」等の文字が読みとれる。これは、蘭石の没した文化14年(1817年)の翌年にあたり、蘭石の一周忌に、弟子たちによって建立されたことも推察される。

 句碑は祖師芭蕉翁を思う、俳人蘭石の真情をしのばせている。

境港市教育委員会

一仙堂蘭石は竹内の人、足穂平右衛門。文化14年(1817年)9月、没。

鐘楼門の左手に「水木しげる記念碑」があった。


平成14年(2002年)2月、水木しげる傘寿を記念して水木プロが設置。

平成22年(2010年)、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』。

平成27年(2015年)11月30日、水木しげるは93歳で逝去。

巨嶽山正福寺


曹洞宗の寺である。

2018年〜鳥 取〜