2008年栃 木

剣神社〜鳥足升麻〜
indexにもどる

御申塚(おさるづか)から剣神社へ。

辺りは麦秋


正面の丘に剣神社がある。

剣神社

 神社由来によると、平安時代に源頼義、義家が奥州の阿倍の貞任、宗任を追討(前9年の役)の時、葛城峰において戦勝を祈祷、追討が達成した後の康平7年(1064年)に源頼義、義家父子が太刀を奉納したことから「鉞(つるぎ)大明神」と号し、その後当地に神社を移したといわれています。

 また、この山から産出した「つるぎ石」は褐色の美しい石で、境内の石灯篭をはじめ昭和初期までは、土台石、かまど石等に広く利用されていましたが、現在は産出されておりません。

鬱蒼と茂った杉木立


剣神社


鳥足升麻(とりあししょうま)


鳥足升麻(とりあししょうま)はユキノシタ科。

八方ヶ原へ。

2008年栃 木〜に戻る