私の旅日記2007年

山王林道〜紅葉〜
indexにもどる

光徳園地から山王林道を行く。


山王林道


擦れ違うのも大変な道である。

於呂倶羅山の紅葉


昭和44年(1969年)、水原秋桜子は山王峠を越えている。

   山王峠

春疾風木々が鞭打つ湯の湖見ゆ

『緑雲』

立ち枯れの木立


山王帽子山だろうか。


太郎山だろう。


林道記念碑(標高1,620m)


空は秋の雲。

山王林道を下ると、西沢金山跡がある。


西沢金山について

 この地、西沢は昭和初期まで金鉱石を産出し、国内外に名を轟かせた鉱山町であった。最盛期には年採掘量100Kgを誇り、住民も1,300人を数え、学校、病院なども設置されていた。現況から当時を想像するのは困難であるが、林道沿いに住宅の基礎石積が見られ、ゴールドラッシュに湧いた面影が忍ばれる。ここの金脈は外に露出しているものが多く、その数229、坑道延長約12,000mで「足ノ舞ヒ手ノ踏ム所ヲ知ラズ」と当時の報告文は伝えている。

ノコンギクが咲いていた。


川俣温泉へ。

私の旅日記2007年〜に戻る