2008年栃 木

興禅寺〜碑巡り〜
indexにもどる

宇都宮市今泉町に興禅寺(HP)という寺がある。


興禅寺山門


「河北禅林」と書いてある。

臨済宗妙心寺派の寺院である。

山門を入ると、左手に若山牧水の歌碑があった。


かんがへてのみはじめたる一合の二合のさけの夏のゆふぐれ

第5歌集『死か芸術か』所収の歌。

 大正9年(1920年)4月19日、若山牧水が宇都宮の下野歌人会に出席した際、揮毫したそうだ。

 大正11年(1922年)11月2日、牧水は『みなかみ紀行』の旅と後、日光から宇都宮を訪れている。

30日から此處に来て、完全に日光の酒を飲みほしたる形跡あり、蹌々浪々としてこれより宇都宮に向ふ。

(大正11年11月2日付け繪葉書)

昭和57年(1982年)3月23日、興禅寺住職靖宗元海歌碑建立。

前住職英宗雄和尚は歌人石川暮人。

若山牧水の『創作』同人で、『下野短歌』創刊。

石川暮人の歌碑がある。


とこしえにたのみがたなき愛染のわが目のあたり白菊の花

昭和35年(1960年)4月、建立。

昭和41年(1967年)、英宗雄和尚示寂。

興禅寺境内には野口雨情の民謡碑もあった。


山は遠いし野原はひろし水は流れる雲はゆく

昭和20年(1945年)1月27日、野口雨情は宇都宮市鶴田町で永眠。

興禅寺住職英宗雄和尚が弔った。

2008年栃 木〜に戻る