2009年栃 木

出流原弁財天〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

県道115号田沼唐沢山公園線で唐沢山公園を下り、出流原弁財天へ。


出流原弁財天


 出流原弁財天は、藤原秀郷が勧請したといわれるもので、三層楼の舞台造りの弁天堂に祭られております。堂の裏側には風穴があり、四季を通じて冷風が感じられます。裏山の頂上から南東方向に佐野市街を望むことができます。

 また出流原弁天池(県指定天然記念物)は、地下水が古生層石灰岩の亀裂から湧きだしてできたもので、周囲138mの丸い池です。池底には地下洞窟の存在することも暗示しており、名水100選に選ばれています。

環境省・栃木県

出流原弁天池


清らかに澄んだ池である。


出流原弁天池に芭蕉の句碑があった。


此あたり目に見ゆるもの皆涼し

 貞亨5年(1688年)6月8日、『笈の小文』の旅の帰路、岐阜の油商賀島善右衛門の別邸に招かれた際に詠んだ句。

寛政5年(1793年)8月、其風建立。

『諸国翁墳記』に「□□□ 野州出流原 其風建」とある。

其風   佐野出流原 
   片柳小次郎


2009年栃 木〜に戻る