2008年栃 木

二荒山神社中宮祠〜登拝門〜
indexにもどる

立木観音駐車場から二荒山神社(HP)中宮祠へ。


中宮祠は二荒山神社の中宮で、奥宮男体山山頂への登拝口に当たる。

二荒山神社御本社は日光市内にある。

石段を登る。


八脚門


 御祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)の親子3神を祀る。

大己貴命が父、田心姫命は母、味耜高彦根命は子。

八汐躑躅(やしおつつじ)


 享保元年(1716年)4月16日、稲津祇空は奥羽行脚の途上早見晋我・常盤潭北と中宮祠を訪れている。

十六日、中禅寺にとて馬返し村より杖すゝめ不動坂を登りて華厳の滝にくたる。万仭たゝちに落て森豎躍舞せさる事をえさる絶勝なり。それより女躰中宮の社うしろに男躰への山道あり。前に三里まはりの湖水塵なく心の垢も洗つへし。磯に舟四五艘あり。六月朔日より浜禅定とて参詣の人々この舟にて勝地名寺めくるよしかたりぬ。

山卯木そも禅定の舟に鷺

梅天や鳰の鏡の男ふり
   晋我

汐ならぬ鈍子の口や青あらし
    北


天然記念物中宮祠のイチイ


別名アララギ。

明治25年(1950年)11月、正岡子規は中宮祠を訪れている。

中宮祠

   神殿の御格子おろす紅葉かな

   石壇や一つ一つに散紅葉

「日光の紅葉」

鳥居


明和6年(1769年)建立。

鳥居の奥に登拝門がある。

5月5日の開山祭に開き、10月25日の閉山祭に閉じられる。

男体山頂奥宮まで往復6〜7時間かかるそうだ。

一度登ってみたいものだが……。

湯の湖へ。

2008年栃 木〜に戻る