2005年東 京

田町薩摩邸(勝・西郷の会見地)
indexにもどる

JR京浜東北線田町駅西口を出る。


第一京浜沿いの第一田町ビルの脇に西郷南洲勝海舟會見之地の碑がある。


碑の下に説明が書いてあった。

田町薩摩邸(勝・西郷の会見地)附近沿革案内

 この敷地は、明治維新前夜慶応4年3月14日幕府の陸軍総裁勝海舟が江戸100万市民を悲惨な火から守るため、西郷隆盛と会見し江戸無血開城を取り決めた「勝・西郷会談」の行われた薩摩藩屋敷跡の由緒ある場所です。

 この蔵屋敷(現在地)の裏は、すぐ海に面した砂浜で、薩摩藩国元より船で送られて来る米などは、ここで陸揚げされました。

 現在は鉄道も敷かれ(明治5年)、更に埋め立てられて、海までは遠くなりましたが、この附近は最後まで残った江戸時代の海岸線です。

 また人情噺で有名な「芝浜の革財布」は、この土地が舞台です。

左に「勝・西郷会談」のレリーフ


右に「芝三田二本榎高輪邉繪圖」


碑の裏にも簡単な説明が書いてあった。

 此地薩摩邸に於て西郷勝両雄會見し、江戸開城の圓滿解決を図り、百萬の民を戰火より救ひたるは、其の功誠に大なり。

 平和を愛する吾町民深く感銘し、以て之を奉賛す。

  昭和29年4月3日

本芝町會

本芝町會15周年記念建之

2005年東 京