2005年東 京

明治神宮〜菖蒲苑〜
indexにもどる

花菖蒲(はなしょうぶ)には少し早いと思ったが、明治神宮の菖蒲苑に行く。


6月4日(土)〜6月19日(日)の花菖蒲期間は開苑時間午後5時まで。

土・日は1時間延長するそうだ。

入苑料は500 円。

台風4号の接近で、時折強い雨が降る。

人は少ないが、それでも傘を差して来ている人もいた。


池に睡蓮が咲いていたが、写真を撮るには離れすぎている。

花菖蒲(はなしょうぶ)


花菖蒲(はなしょうぶ)はアヤメ科。

菖蒲(しょうぶ)はサトイモ科。

雨が降るので、ゆっくり写真を撮れないのが残念だった。

 昭和10年(1935年)6月21日、星野立子は明治神宮へ菖蒲を見に行った。

 六月二十一日。明治神宮へ菖蒲拝見に……。見事とい
ふ言葉が本当にすぐに皆の口にのぼる。

  菖蒲田の真中にあり虫柱

  花菖蒲咲ききりたりし花かろく

  広々と紙の如しや花菖蒲

  たれ下る菖蒲の花に雨のすぢ

  ゆるやかに人つゞきゆく花菖蒲

  歩きつゝ人やりすごす木下闇


 昭和13年(1938年)1月2日、高浜虚子は武蔵野探勝会で明治神宮に初詣。高浜年尾同行。

 戦勝の目出度いお正月の武蔵野探勝会は、二日の明治神宮初詣と決定した。

 会場も来る四月のホトトギス五百号記念会場たる、神宮外苑の日本青年館に催さるゝことになつたのも何だか御神慮に叶つた様な気がして、有難く嬉しく思はれた。

『武蔵野探勝』(明治神宮初詣)

一月二日 武蔵野探勝会。明治神宮初詣。日本青年館。

 徳高くまします宮に初詣

 宮居遠き冬雲もまた貴とけれ

 木の間なる冬日尋ねて立ちどまる

 粛々と群聚はすゝむ初詣

 清浄の空や一羽の寒鴉


鵯の来てゐる参道ななかまど


2005年東 京