2010年静 岡

佐野原神社〜藤原為冬卿〜
indexにもどる

裾野市平松に佐野原神社がある。


佐野原神社


祭神名 藤原朝臣二条為冬卿

 二条為冬卿は「和歌の家」御子左家(みこひだりけ)嫡流二条為氏の三男として生まれました。

 和歌の才能にも恵まれ後醍醐天皇の親任も厚かったのですが、南北朝の争いに巻き込まれ、足利尊氏らを討つため尊良親王に従って出陣しました。

 しかし、足利方の勢いに押され、ここ佐野原の地に陣を張りましたが、建武2年(1334年)12月12日激しい戦いの末に斃れました。

 明治維新後、国や地元有志の努力で残されていた将軍塚の前に社殿を建て、明治9年(1876年)佐野原神社として創立されました。

佐野原神社祭神
藤原為冬卿の歌


よそめにはさそまかふらむやまさくら

木の下にたに雲かとそ見る

和歌「花十首」から

山かせや夕涼しくなりぬらん

『菟玖波集』巻四(秋)連歌(上)253

2009年5月

佐野原神社碑


明治15年(1882年)、谷干城撰文。

篆額は有栖川宮熾仁親王。

有栖川宮熾仁親王は和宮親子内親王と婚約していたことで知られる。

佐野原神社に芭蕉の句碑があった。


目にかゝる時や殊更さつき富士

出典は『芭蕉翁行状記』(路通編)。

箱根の關越て」と前書きがある。

 元禄7年(1694年)5月11日、芭蕉は江戸を発って上方へ最後の旅する。

天保12年(1841年)8月、建立。

2010年静 岡〜に戻る