昔の旅日記静 岡

修善寺温泉「新井旅館」

新井旅館」(HP)は国の登録文化財の宿。


 天気も良くないので、出掛ける所もない。「新井旅館」の登録文化財ガイドに参加することにした。

 「15名様限定」で、「定員の為、お断りさせて頂くことが多くなりました。」ということだったが、参加者は2人だけ。

「新井旅館」のシンボル、青州楼(明治14年築、木造3階建)。


青州楼は外からでは電線が邪魔をして、うまく写真が撮れない。

あやめの棟(昭和7年築、木造2階建)の向かいが青州楼だった。

 明治42年(1909年)、島崎藤村田山花袋、蒲原有明らは大仁(おおひと)から修善寺温泉まで歩き、「新井旅館」に泊まる。

 吾儕の身體も冷えては居たが、湯も熱かつた。谷底の石の間から湧く温泉の中へ吾儕は肩まで沈んで、各自(めいめい)放肆(ほしいまゝ)に手足を伸ばした。そして互に顏を見合せて、寒かつた途中のことを思つて見た。

『伊豆の旅』

私が泊まったのは雪の棟で、尾崎紅葉滞在の間だった。

あやめ風呂の屋根の上から雪の棟(明治32年築、木造2階建)を望む。


 案内してくれたのは、若くてきれいなフロントのおねえさんだった。文化財よりも、こちらの方に感動した。

 川端龍子は毎年修善寺を訪れ、「新井旅館」天平大浴堂の「ゆあみ」、池の鯉の「魚紋」などの作品を残している。ロビーの扁額「明月荘あらゐ」は龍子が書いたものだそうだ。

花の棟(昭和9年築、木造2階建)と池


 川端茅舎は川端龍子の異母弟、茅舎も「新井旅館」を訪れているかも知れない。おねえさんは川端茅舎など知らないと言う。

ひらひらと月光降りぬ貝割菜

ぜんまいののの字ばかりの寂光土

 昭和16年(1941年)7月17日、川端茅舍は大森区桐里町(現:大田区池上)の自宅で死去。43歳。修善寺に埋葬されている。

 昭和29年(1954年)12月8日、高浜虚子は「新井旅館」に滞在。

十二月八日 修善寺 新井屋滞在 昨日より

 冬山路茅舎の墓に行かしめず


十二月八日   (昭和二十九年)

冬山路茅舎の墓に行かしめず

修善寺の山に茅舎の墓がある。昨日から新井屋に泊ってをり、明日は墓参に行かうと話してゐたが、雨が降つて来た。いつも此処なで来てゐながら茅舎の墓参は出来ずにゐたのが、又今度もゆけなかつた。

『虚子一日一句』(星野立子編)

「新井旅館」に戻る。

沼津市若山牧水記念館へ。

昔の旅日記静 岡〜に戻る