2009年静 岡

熱海梅園〜芭蕉の句碑〜
indexにもどる

1月17日(土)、第65回熱海梅園梅まつりオープン。

まだ一分咲きということだが、出かけてみた。

JR伊東線来宮駅から県道11号熱海函南線(あたみ梅ライン)で坂を上る。


入園料は無料。

紅梅


梅一輪一輪ほどのあたたかさ   服部嵐雪

白梅


熱海芸妓連演芸会


芭蕉の句碑があった。


梅が香にのつと日の出る山路かな

元禄7年(1694年)の春、芭蕉51歳。『炭俵』冒頭の句である。

熱海市野中の小松精一氏が自費で建立したという。

梅園にふさわしい句碑である。

 昭和3年(1928年)3月6日、若山牧水鈴木浚一と湯河原から乗合自動車で熱海の梅園までやって来た。

その日は玉乃井旅館に泊まる。

 昭和5年(1930年)、与謝野晶子は熱海梅園を訪れている。

梅の山しろし日月星辰の次のものとはなさぬなりわれ

「深林の香」

よく分からない歌である。

 昭和24年(1949年)1月、水原秋桜子は熱海梅まつり句会に出席、以後毎年の例となった。

   梅 林 五句

石あまた落着き梅も老いにける

石臥して梅下にしろき苔被(き)たり

梅林をつらぬく瀬あり偃(は)へる梅

梅林をいでて山畑の梅しろし

海の空夕焼けて梅暮れむとす

『霜林』

2009年静 岡〜に戻る