2008年下 町

多摩川大橋緑地〜矢口の渡し跡〜
indexにもどる

大田区多摩川2丁目の斎藤ツヰストドリル製作所から多摩川大橋緑地へ。


多摩川大橋


昭和24年(1949年)、多摩川大橋の完成。

多摩川大橋を越えると、消えかかった「矢口の渡し跡」の案内板があった。

 東京都大田区文化財

矢口の渡し跡

 新田義興が、矢口の渡しで延文3年(1358年)討死したといわれるころの渡し場は、現在の新田神社付近であったと思われ、多摩川は今より東へ大きく湾曲していたと考えられる。

 江戸時代に平賀源内により戯作『神霊矢口渡』が作られ、歌舞伎に上演されるに至り、この渡しは有名になった。

 渡し場は、流露の変遷と共にその位置をいくたびか変え、この付近になったのは江戸中期からであると考えられる。

 この渡しは区内最後の渡船場として昭和24年(1949年)まで存続した。

大田区教育委員会

新田義興は新田義貞の次男。

私は歌舞伎を見ないので、「矢口の渡し」は知らなかった。

 「矢口の渡し」は古代の東海道で、江戸時代の東海道は「六郷の渡し」を渡った。

 安永9年(1780年)4月15日、蝶夢は品川から「六郷の渡し」を渡ったようである。

六郷の河は矢口の渡りなり。此川上に義興の霊を祭りて、新田の社と申とぞ。此河はむさしの玉川にて、調布さらす名所にて、ふるく人のしりし所なり。


多摩川


再び斎藤ツヰストドリル製作所へ。

2008年下 町〜に戻る