下 町台東区
indexにもどる

秋色桜清水観音堂〜

台東区上野公園に清水観音堂がある。


(京師(みやこ)清水寺に比して舞台造りなり。この辺殊更に桜多し。本尊千手大悲の像は、恵心僧都の作にして、主馬盛久が守り本尊なりとぞ。長門本『平家物語』に、盛久斬首の罪に処せらるゝ時、清水観音の加護によりて刀杖(たうぢやう)段々に折れて命を助けらるゝ事を載せたり。されど『東鑑』およびその余の書にもこの事を見ず。)


清水観音堂


榎本其角は清水観音堂を句に詠んでいる。

   上野清水堂にて

鐘かけてしかも盛のさくら哉


清水観音堂の片隅に「秋色桜」の碑があった。

「秋色桜」の碑


井戸ばたの桜あぶなし酒の酔

 上野は、江戸のはじめから桜の名所として知られていた。数多くの桜樹の中には、固有の名を付せられた樹も何本かあり、その代表的なものが、この「秋色桜」である。

井戸ばたの桜あぶなし酒の酔

 この句は、元禄の頃日本橋小網町の菓子屋の娘お秋が、花見客で賑わう井戸端の様子を詠んだものである。桜の枝に結ばれたこの句は、輪王寺宮に賞せられ、一躍江戸中の大評判となった。お秋は当時13歳だったと伝えられている。俳号を菊号亭秋色と号した。以来この桜は「秋色桜」と呼ばれている。ただし、当時の井戸は擂鉢山の所ともいい、正確な位置については定かではない。

 お秋は、9歳で宝井其角の門に入り、其角没後はその点印を預かる程の才媛であった。享保10年(1725年)没と伝えられる。

台東区教育委員会

享保10年(1725年)4月19日、秋色は57歳で没。

文化5年(1808年)3月20日、一茶は清水観音堂裏の秋色桜へ。

 秋色が桜余所に見てやみなんも殺風景なればとて、其辺りに吟(さまよ)ふ。落華片々として、ひたすら暮春の有様を見する。


この日活版摺の手紙にて上野清水堂のほとりで秋色さくらの發句をほりたる石を建る由。自ら披露し來れるものあり。發起人の名前は公爵某大將某博士某某などなり。先年蜀山人の狂歌をも上野に発てし由。賣名者の爲すところ滑稽至極といふべし。

『斷腸亭日乘』(昭和16年4月16日)

下 町台東区に戻る