下 町
indexにもどる

志村一里塚〜中山道〜

都営三田線志村坂上を出ると、志村一里塚がある。


国指定史跡志村一里塚


志村一里塚

 江戸に幕府を開いた徳川家康は、街道整備のため、慶長9年(1604年)2月に諸国の街道に一里塚の設置を命じました。5間(約9m)四方、高さ一丈(約3m)の塚が江戸日本橋を基点として、1里(4km弱)ごとに道を挟んで2基ずつ築かれました。

 志村の一里塚は、本郷森川宿、板橋平尾宿に続く、中山道の第3番目の一里塚として築かれたもので、天保元年(1830年)の『新編武蔵風土記稿』では「中山道往還の左右にあり」と紹介されています。

 幕末以来、十分な管理が行き届かなくなり、さらに明治9年(1876年)に廃毀を命じた法が下されるに及び、多くの一里塚が消滅していきましたが、志村の一里塚は昭和8年から行われた新中山道の工事の際に、周囲に石積がなされて土砂の流出をふせぐ工事が施されて保全され、現在に至っています。

 今日、現存する一里塚は全国的にも非常に希なもので、都内では北区西ヶ原と志村の2ヶ所だけです。そのため交通史上の重要な遺跡として、大正11年(1922年)に国の史跡に指定され、昭和59年に板橋区の史跡に登録されました。

板橋区教育委員会

一里塚の榎


   


芽吹き始めたばかりである。

古い民家があった。


昭和6年(1931年)2月25日、高浜虚子は武蔵野探勝会で志村一里塚へ。

 今は百姓の屋敷の中にとり入れられてある一里塚がある。街道を挟んだ大きな土饅頭で、その東側のものに榎の古木が曲りくねつて残つてゐる。江戸名所図会に――板橋の駅――日本橋より二里――とあるところを見るとこの塚は三つ目のものであらうか。

『武蔵野探勝』(野焼など)

戸田の渡しへ。

下 町に戻る