下 町
indexにもどる

平成20年(2008年)3月30日、日暮里・舎人ライナーが開業した。

今まで交通の便が悪いのでなかなか行けなかった西新井大師に行ってみた。

 日暮里・舎人ライナー西新井大師西駅下車して環七通りを東に行くと、西新井大師があった。


山門の裏側


表側は仲見世通り商店街に隠れて山門の全景が撮れない。

五智山遍照院總持寺


真言宗豊山派の寺院である。

関東三十六不動霊場第26番札所、関東八十八ヵ所霊場特別霊場でもある。

折しも大曼荼羅完成慶讃法要が終わった時だった。


光明殿に芭蕉の句碑があった。


父母のしきりにこひし雉子の聲

出典は『笈の小文』

貞亨5年(1688年)春、芭蕉が杜国と高野山を訪れて詠んだ句。

   高野

ちゝはゝのしきりにこひし雉の声

ちる花にたぶさはづかし奥の院   万菊

万菊は流刑中の杜国

 寛文6年(1666年)4月25日、芭蕉の主君良忠(俳号蝉吟)は25歳で没し、芭蕉は蝉吟の位牌を高野山報恩院に納める使者を務めたという。

天保12年(1841年)、芭蕉翁百五十回遠忌に句碑建立。

江戸時代のものとは思えないほど立派な句碑だった。

西新井大師は「ぼたん園」が知られている。

 文化・文政(1804−30)の頃から真言宗豊山派総本山長谷寺の株が移植されたそうだ。

「ぼたん園」に八巣蕉雨の句碑がある。


一輪の牡丹終日咲にけり

天保10年(1839年)、八巣謝堂建立。

 明治27年(1893年)、子規虚子と千住街道を草加迄行き、さらに西新井の大師堂を拝み、最終汽車で帰った。

日影薄く梅の野茶屋の餘寒かな

乞食(こつじき)の梅にわづらふ餘寒かな   虚子

「發句を拾ふの記」

 昭和11年(1936年)3月17日、永井荷風は浅草から東武電車で西新井大師へ。

獨り淺草に徃き東武電車に乘り西新井に向ふ。途中放水路の鐵橋を渡り、小菅を過るや、壟圃水田相つらなり、野水また潺々たるを見る。處々生垣を結ひ囘らしたる農家あり。水田には水滿ち畠には青き菜をつくる。未菜の花を見ざれど田園の風景甚佳なり。乘客は僅に十二三人のみ。二三の停車場を過ぎ西新井大師堂の門前に着す。境内を一覽す。老松二三株を見るのみにて殊に目を喜ばすものなし。南千住行の乘合自働車あるを知り、これに乘る。


 昭和33年(1958年)1月21日、石田波郷は西新井大師の達磨市を訪れている。

   西新井大師

曇りつゝ薄日映えつゝ達磨市


下 町に戻る