下 町荒 川
indexにもどる

浄光寺〜江戸東部六地蔵〜

荒川区西日暮里に浄光寺という寺がある。


浄光寺山門


江戸六地蔵と雪見寺(浄光寺)

 山門をくぐって左手に、高さ1丈(約3メートル)の銅造地蔵菩薩がある。元禄4年(1691年)、空無上人の勧化(かんげ)により江戸東部六か所に六地蔵として開眼された。もと門のかたわらの地蔵堂に安置されていたもので、門前は「地蔵前」ともよばれる。

 浄光寺は真言宗豊山派の寺院。法輪山法幢院と称し、江戸時代までは諏方神社の別当寺であった。元文2年(1737年)、八代将軍吉宗が鷹狩の際にお成りになり、同5年以降御善所となった、境内に「将軍腰かけの石」がある。

 眺望にすぐれた諏訪台上にあり、特に雪景色がすばらしいというので「雪見寺」ともよばれた

荒川区教育委員会

銅造地蔵菩薩立像


江戸東部六地蔵の3番目

 江戸東部六地蔵で現存するのは2番目の専念寺と3番目の浄光寺だけである。

銅造地蔵菩薩坐像


文化6年(1809年)、作。

本堂の裏に「将軍腰かけの石」があった。


下 町荒 川〜に戻る