種田山頭火の句碑

秋晴れひよいと四國へ渡つてきた

indexにもどる

松山市高浜町の県道19号松山港線沿いに種田山頭火の句碑があった。


秋晴れひよいと四國へ渡つて来た

平成21年(2009年)10月1日、山頭火来松70年を記念して建立。

種田山頭火

 明治15年(1882年)12月3日、山口県防府市生まれの俳人。

 自由律俳句結社「層雲」に属す。大正14年(1924年)、出家得度、行乞僧として各地を遍歴、徒歩禅と俳句を続けた。昭和14年(1939年)10月1日、終の住処を求めて、広島・宇品港から「女王丸」(関西汽船)で旧高浜港(当時は句碑から西方100mに所在)11時50分に着いた。このとき、碑の句のほか

      宇品乗船

   ひよいと四国へ晴れきつてゐる

      十月一日朝、高浜沖の船上

   秋空指さしてお城が見えます

   秋晴れの島をばらまいておだやかな

の句を残している。

 10月5日、念願の野村朱燐洞(松山出身の自由律俳人)の墓に詣で、10月6日から11月21日まで四国遍路。12月15日、松山城北の御幸寺山麓の陋屋に入居、「一草庵」と名付け、句作に励み、句会を開き、一代句集「草木塔」を刊行するかたわら酒と温泉を楽しみ、句友知己に支えられて安寧の生活を送る。昭和15年(1940年)10月11日未明、脳溢血で、念願のコロリ往生、数奇な生涯を閉じた。享年59歳。

 この間、第十二相生丸(石崎汽船)で昭和15年1月と5月に中国・北九州方面へ旅をしている。

種田山頭火の句碑に戻る