2009年埼 玉

下里の滝〜槻 川〜
indexにもどる

八宮神社から下里の滝に向かう。


柳町橋を渡り、槻川を越える。


下里にも八宮神社があった。


島根橋を渡り、再び槻川を越える。


梅が咲いていた。


「下里の滝」を尋ねてみると、裏の方に何かあったという。

白木の鳥居があった。


対岸に赤い建物が見える。


そこが「下里の滝」らしい。

左手に芭蕉の句碑があるようだ。

蛇喰登幾けバおそろし雉子乃聲

出典は『花摘』

   うつくしきかほかく雉のけ爪かなと申たれば

蛇くふときけばおそろし雉の声
   翁

元禄3年(1690年)、芭蕉47歳の句である。

うつくしきかほかく雉のけ爪かな」は其角の句。

『己が光』(車庸撰)に収録。

   蛇くふときけばおそろし雉子の声

 此の句、師のいはく「「うつくしき皃かく雉子の蹴爪かな」といふは、其角が句也。「蛇くふ」といふは老吟也」と也。

『三冊子』(土芳著)

 「向う岸へ行くのはどうするの?」

 「一本橋がこわれてなくなったから渡れないよ」

 「歩いて渡れないの」

 「長靴でもはいて、浅いところを渡れば、いかれるかも知れない」

ということで残念ながらあきらめることにした。

『芭蕉句碑を歩く』(小林甲子男著)

私も諦めて戻ることにした。

2009年埼 玉〜に戻る