2009年埼 玉

観清寺〜「はせを」の句碑〜
indexにもどる

熊谷市弥藤吾の観清寺に芭蕉の句碑があるというので、行ってみた。


観清寺山門


王子山観清寺


曹洞宗の寺である。

昭和56年(1981年)、本堂改修。

本堂の手前右手に句碑があった。


雪といふ物かあるそ今年竹

そう書かれているらしい。

「はせを」とあるが、この句は芭蕉の句として伝わっていない。

 観清寺本堂前に建つが、この句は芭蕉の句の中には見当らない。誤伝、存疑でもない。碑表に明らかにはせを≠ニあるので、どこかに出典があると思うがわからない。

 この碑を建てたのは蒼海堂濤静で、本名栗田金三郎、今より三代前の人で、昭和16年、80歳で没している。

『芭蕉句碑を歩く』(小林甲子男著)

『梅室家集』に「雪といふ物が降ぞよことし竹」とある。

明治21年(1888年)4月、幡羅高等小学校は弥藤吾村観清寺に設立された。

2009年埼 玉〜に戻る