2005年埼 玉

宝登山〜蝋 梅〜
indexにもどる

 秩父地方も午前中は晴れそうなので、宝登山(ほどさん)に蝋梅(ろうばい)を見に行くことにした。

 スキーシーズンのせいか東北自動車道は渋滞しているようなので、国道254号を行く。

午前中は晴れるはずなのに、曇り空が続く。

国道140号に入り、荒川沿いに行く。


ようやく青空が見えてきた。

秩父鉄道長瀞駅前を右折すると、宝登山神社がある。


宝登山ロープウェイ「山麓駅」の駐車場へ。

駐車場は混んでいた。

 宝登山ロープウェイ「山麓駅」は長蛇の列。ロープウェイを待つより、歩いて登った方が早いようだ。

雪解けのぬかるみを40分ほど歩いて、寶登山神社奥宮へ。

寶登山神社奥宮


 寶登山神社の御祭神は神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)、大山祇神(おおやまづのかみ)、火産霊神(ほむすびのかみ)の三柱。

神日本磐余彦尊(かんやまといわれひこのみこと)は神武天皇のこと。

 火産霊神(ほむすびのかみ)は伊邪那岐命、伊邪那美命の御子で火之迦具土神(ほのかぐつちのかみ)とも火雷大神(ほのいかづちのおおかみ)ともいう。火産霊神(ほむすびのかみ)を産む時、伊邪那美命は火傷を負って死んでしまう。

寶登山神社奥宮を左に行くと、宝登山の南斜面に蝋梅(ろうばい)が満開。


蝋梅(ろうばい)の彼方に秩父の山。

満月蝋梅(まんげつろうばい)


     


蝋梅(ろうばい)は、透けるような花弁が可憐である。

素心蝋梅(そしんろうばい)もあったが、写真では区別がつかない。

わずかながら和蝋梅(わろうばい)咲いていた。


藤岡温泉へ。

2005年埼 玉〜に戻る