2013年大 阪

和光寺〜其角の句碑〜

大阪市西区北堀江に和光寺という寺がある。


蓮池山智善院和光寺


浄土宗の寺である。

 和光寺は元禄11年(1698年)、堀江新地開発のとき、智善上人が建立した。本尊は丈1尺5寸の金銅阿弥陀如来である。

 境内の池から善光寺(長野)本尊ともいわれる阿弥陀如来が出現したことから、通称阿弥陀池ともいわれ、江戸時代から多くの人々に親しまれている。

阿弥陀池


 物部氏によって池に投げ捨てられた阿弥陀如来が、推古天皇6年(600年)に信濃の住人・本田善光に拾われて善光寺まで運ばれたという言い伝えがある。

阿弥陀池に其角の句碑があった。


仇なりと花に五戒のさくらかな

出典は『炭俵』

『五元集』に「折に殺生偸盗あり」とある。

 「五戒」は、在家の信者が守らなければならない基本的な5つの戒め。不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不飲酒の5つ。

2013年大 阪〜に戻る